寝たままケアってどんな事ができる?

白魚(シラウオ)の手は女性の憧れです。ささくれ、シワ、手荒れなく潤いを保ちたいものですが、水仕事をしない方と水仕事をする方の手荒れは断然前者の方が軽いです。主婦は特に食器の洗い物・調理で何度も手を洗い、食器洗剤が指の間に残ってしまうのも手荒れ・主婦湿疹の原因になりやすいです。皮膚が強い人は食器洗剤にも負けないようですが、弱い方は洗剤を薄めたり、洗剤にこだわっても冬場の手荒れに悩んでいます。アカギレになってしまうとなかなか治りません。冬場の乾燥が一番の原因です。炊事を一切しないとだいぶ軽減したことも事実ですが、そうもいかないので手荒れ対策に寝る前にハンドクリームと手袋のセットを使用し寝たところ、ハンドクリームを塗るだけよりも驚くほど朝、良くなっている事が実感できます。乾燥を防ぐだけでしたらワセリンでも十分なのですが、かゆみやアカギレにまでなってしまうと、その切り傷や炎症を抑えるために薬用ハンドケア商品がいいですし、そこに手袋をして寝るととても効果的でした。布団の中に手を入れているだけとは違い、素材は毛・ポリエステルなどではなく綿・絹製品がかゆみもなくお勧めです。ここまでひどくならない秋からワセリンと手袋のセットで寝たままケアを始め、日中炊事あとにこまめに油分を補う事で今年はアカギレなしを目指します。