綺麗な爪を維持するために役に立つ食事 

爪は健康のバロメーターといわれています。色や形などの状態で、その人の健康状態が良く分かるものです。ネイルなどをして外側からかわいくケアをしている方も多くいると思われますが、内側からのケアもとても重要なのです。キレイな爪を維持するために、食事から見直していってみてはいかがでしょうか。いくらお手入れをしていても、中の栄養が不足していると、簡単に折れたり、割れたりしてしまうのです。まずは根元の細胞に栄養がいきわたるようにしなくてはいけません。新陳代謝が必要なのです。ちなみに、髪と同じケラチンといわれる、たんぱく質が変化したものからできているので、たんぱく質でできている皮膚とも同じ成分であるのです。そして、たんぱく質といえば、動物性たんぱく質でしょう。肉類、魚類、大豆、卵類は積極的にとりたい栄養分のひとつです。艶をもたらすためには、牡蠣やうに、納豆などに含まれる、亜鉛も重要です。コラーゲンや鉄分なども欠かすことができません。もちろんビタミン類も必要です。これらをバランスよく食材から摂取し、きちんと持続的に続けていくことが大切なのです。爪が伸びるスピードは決してはやいものではないので気長に見守るようにしましょう。