エナメル、ジェル、スカルプ、チップの役割と違いについて

手元の美しさを決定づける要素であるのが、ネイルではないでしょうか。このネイルは、様々な技術を駆使した上で行われるものですから、綺麗になる方法はかなり多く存在していると考えられます。特にこの方法の典型的な例として挙げられるのがジェル、スカルプチュア、チップなどを用いる技法です。しかし、ひとまとめにして考えられがちなこれらの技法は、それぞれに役割と違いが存在していますので、それについてしっかりと意識して行うことによって今以上の爪の美しさをもたらすことが可能になってくるでしょう。

まずジェルについてですが、これはその名称からもイメージできるように、ゼリーのような透明感のある爪を維持できます。ジェルは基本的に1ヶ月以上その効果を保つことができることから、最近かなり人気な方法の1つになっています。そして次にスカルプチュアについて述べると、これはいわゆる付け爪のことですので取り付けるだけで簡単に綺麗な爪にすることができるものです。そして最後にチップについてですが、このチップは自分の爪に装飾を行う意味で細かなパーツをつけるものがそれにあたりますので、これらの違いを十分に意識しておくことで、自分の理想とする爪を作ることができるでしょう。